昨天官網更新的消息

-TV-
今秋放送 テレビ朝日系列 「生きる」


松本幸四郎、中山裕介、西村雅彥、渡辺いっけい、加上北村一輝,這卡司看起來還不錯,
不過還有深田恭子,小囧。

以下為新聞內容


中日スポーツ

「生きる」テレビドラマで復活 黒澤明監督の名作 松本幸四郎主演


 故黒澤明監督の代表作「生きる」(1952年)が、テレビ朝日系のスペシャルドラマとしてリメークされ、歌舞伎俳優の松本幸四郎(64)が主演することが9日、分かった。今秋、放送される。

 黒澤監督の最高傑作とされ、ファンも多い「生きる」のテレビドラマ化は初めて。映画は故志村喬さんが主演し、がんを宣告された市役所課長・渡辺勘治が、人生を見つめ直し、市民のために公園を作ろうと情熱を傾ける感動作。ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した不朽の名作だ。

 ドラマ版の登場人物も、ほぼオリジナルのまま。時代設定は現代に置き換えられ、脚色は市川森一さん(66)が担当。幸四郎のほかに、深田恭子(24)、ユースケ・サンタマリア(36)、西村雅彦(46)、渡辺いっけい(44)らが出演する。

 55年の時を経て平成版“生きる”で勘治を演じる幸四郎は、映画を「名作であり完成品」と位置づけながらも、ドラマ版に意欲を燃やす。志村さんが公園でブランコに乗りながら「ゴンドラの歌」を口ずさむ、映画のクライマックスシーンにも挑戦する予定で、「平成のこの時代の『生きる』を何とかいい作品にしようと情熱を注ぎ込んでいます」と役作りに余念がない。

 特に見てほしいのは、「団塊世代」という。「団塊の世代の方へのメッセージ、応援歌、エールのつもりで演じています。僕は団塊の世代の方よりちょっと上なので、第二の人生を歩もうとしている方々の不安、自分なりの迷いがよく分かる」とコメント。幸四郎が、現代の日本社会に向けて生きるメッセージを放つ注目作になりそうだ。 



スポニチ

黒澤作品「生きる」幸四郎でドラマ化


 故黒澤明監督(享年88)の代表作「生きる」(1952年)が、松本幸四郎(64)主演で初めてドラマ化される。テレビ朝日で今秋放送。胃がんで余命が少ないことを知った主人公が人生を見つめ直し、市民のために小さな公園を造るヒューマンドラマ。幸四郎は「団塊の世代へのメッセージ、エールのつもりで演じています」と語っている。

 20世紀を代表する作品と言われる映画「生きる」が、21世紀にドラマでよみがえる。

 幸四郎が演じる主人公は市役所課長。単調で無気力な毎日を過ごしていたが、胃がんで余命が少ないと知らされる。「自分の人生は一体、何だったのか」と考えた末、市民のための小さな公園造りに情熱を注ぐというストーリー。

 映画では、主人公・故志村喬氏(享年76)の演技が絶賛され、公園のブランコに揺られながら「ゴンドラの唄」を口ずさむシーンは、日本映画史上の名場面として語り継がれている。

 今回のドラマでは、登場人物はほとんどオリジナルのままだが、時代背景を現代に置き換えた。

 公開から56年目の今、リメークする理由について、内山聖子プロデューサーは「一斉退職する団塊の世代の方々に、どう余生を“生きる”のかを問いかけ、人生を見つめ直すきっかけにしてもらいたかった」と説明。キャスティングについては「転機を迎えた後、精力的に生きる主人公には、静かな中にも鬼気迫るものを感じさせる幸四郎さんがぴったりだと思った」とする。

 4月26日に撮影がスタートし、クランクアップは今月下旬を予定。幸四郎は「“生きる”は名作であり完成品。これを模倣してもとても追いつけない。謙虚に演じたいと思っています」と抱負を語り「特に見ていただきたいのが団塊の世代。団塊の世代の方へのメッセージ、応援歌、エールのつもりで演じています」とコメントしている。

arashis 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()